忍者ブログ
F-1サマーブレイク前、ダニエル・リカルド選手のルノー電撃移籍でざわつき始めた来季シートの争奪戦ですが、
先日、現役最強ドライバー、マクラーレンのフェルナンド・アロンソ選手のF-1引退が発表され、
更に混沌としてきた感じですね(;´・ω・)
アロンソ選手は2006年に当時現役最強だったミハイル・シューマッハ選手を破り、
年間チャンピオンを獲得する快挙を上げ、その後も実力と実績は確かなものにしてきましたが、
移籍したチームに、とことん恵まれなかったですね(~_~;)
来年はインディに参戦して、トリプルクラウンの偉業を達成する事に集中するのかな?
今後の進路が気になる所ですね(ノω`)


さてさて。
オルタンシア・サーガではポーカーイベントも終了し、夏の恒例水着イベント「四人の無人島物語」が開始!
毎年水着イベントは強力なキャラが実装されましたが、今年も期待を裏切らないラインナップでしたね!

今回水着イベントで実装されたのは、
斬属性はケルヴィンで、5枚目のアサルトオーダー真!
打属性はオドレイで、こちらは15URでの実装。タクはエース絶と、ポイントライズ絶!
突属性はベルナデッタで、こちらも15UR、タクはアサルト絶と、オラクル絶!
遠属性はアリーナで、タクは今回初登場のスラッシャー絶でしたね!

本命は何と言ってもアサルトオーダー真5枚目のケルヴィンですね~!
斬属性でイラストもマジイケメン、性能は申し分なしでまさに文句なし!

15URの二人は、ベルナデッタが完全に殲滅向けですが、
オドレイの方は、エース絶とライズ絶と言う事で、ユニット単体でみると、タクの組み合わせが
若干噛み合い悪いですけど、殲滅用にエース絶、CB用にライズ絶とタクの使用を分けて考えると、
両方で使える上に、打属性なので盾としても優秀なので、使い勝手は良いんじゃないかなと。

アリーナは、新登場のスラッシャー絶の性能で化ける可能性があるんですよね。
今後スラッシャーが増えて、タクのレベルが上がった時にどれだけポイントが伸びるか。
あとはスキルがマクシムと同じPT攻防大アップなので、王立アリーナでも使えるかなと。
スイカの種飛ばして攻撃するのも可愛いですね(ノω`)

今回は久々に、EXとチケットが使用できると言う事で、貯まりに貯まったEXとチケットを投入!
オドレイとケルヴィンが1づつ、ベルナデッタとアリーナが2つEXでGet。
個人的には、オドレイとケルヴィンを4凸したかったのでちょっと悔しい結果に(ノω`)

ガチャチケットでは、URシグマ2枚、URソレジュが2枚、URメビウスが1枚Get。
SSRは何気に3凸であと一枚欲しかった水着エメーリエが来てくれたので良かったですね(ノω`)

ガチャも一杯回したので、交換用のフルーツバスケットが4っつ手に入るので、
交換で何をとるかちょっと迷う所ですね~。凸的に記憶を大量に消費するオドレイを交換して
記憶の消費を抑えたい所ですが、唯一水着がルムだけまだ持ってないんで、
一枚だけでもとっておきたい所ですが、スレヴィ、カヲルがあるので無理に取らなくても良いし。

水着イベントが終われば統一戦が開始されますが、今回の統一戦をもって長年運営してきた
自分所の騎士団を畳むので、出来る範囲でいい結果を残せればなと思います(ノω`)



©SEGA/f4samurai
PR
先週末はSuperGT富士500マイルレースが開催されましたね(ノω`)
予選ではGT-Rが圧倒的な速さを見せてましたが、ふたを開ければトムスがGT初の1-2で勝利。
しかし、トムスが1-2初めてだったのが意外でしたね、JGTCの時もなかったのかな?
カストロール・スープラの時とか、あったような気がしてたんですけどね~(ノω`)

F-1ではレッドブルのダニエル・リカルド選手が来季ルノーに電撃移籍!
今年のストーブリーグはあまり動き無さそうかと思いましたが、これによって面白くなってきましたね!
自分のレッドブルのシート予想は、本命ガスリー、対抗サインツJr、大穴アロンソですかね~。
大穴アロンソは、現状F-1トップドライバー、マクラーレンのパフォーマンスは来期も期待できない、
レッドブル側のジェームス・キー獲得騒動の報復での引き抜き等など、意外とありそうな気もするんですよね。


さてさて。
オルタンシア・サーガでは、ポーカーイベントが開催中。
前回は集大成として、これまでのポーカーユニットが交換ラインナップにあったので、
必死で貝殻集めて回してましたけど、今回はストーリーも新しくなり、交換ユニットどうなるかと思ったら、
新キャラのURバカラックが実装されましたね~。
正直性能的にはスキル位しか良い所がないので、必死に貝殻集めしなくても良いんで気が楽ですね(ノω`)
ユニット以外の交換アイテムでは、レアガチャチケットが多いですが、
これまでチケット使えるイベントもなかったので結構ストックあるんで取れなくても問題なしかな、
EXが満杯状態で来てる上に、ノーマルガチャでのR以上もかなり貯まってるんで、
早い事次の水着イベントで消化したい所です(ノω`)



©SEGA/f4samurai


技術系の話とか、詳しい専門知識はなくても見たり聞いたりするのが好きなんですけど、
今回はそんな個人的に気になる事の一つ「VTuber」についてのお話。

昨年位からだったか、「VTuber」が流行りだし、最近では専門的な知識が無くても、
手軽にVTuberのキャラを作成できるソフトなんかも沢山出てきましたね。

VTuberになる為の関門だったキャラ作成のハードルが一気に下がりましたが、
個人的には、昔ホームページやブログが簡単に持てるようになった時と似た様な状況に思います。
誰もが手軽にキャラを作れるようになってくると、今度はそのキャラを使った「コンテンツ」が重要になるかなと。

さっきのHPやブログと同様、ガワだけを作るのは誰にも簡単にできますが、
HPやブログで発信する内容というのは、発信したい情報をしっかり持ってないと行けないですからね。
でまぁ、それが出来る人はすでにVTuberとして、活躍してるんですけども。
自分はどちらかというと、HPやブログの作りには興味があるタイプで、HPの時はレイアウトやデザイン、
ブログではテンプレートの加工なんかを弄って楽しんでました。

そういう「ガワだけ」に興味がある人達も楽しめるコンテンツというのを考えてみると、
今後はVR空間を利用したサービスなんかがうけるんじゃないかなと。


例えばVRショッピングモールとか。

・ID登録して自キャラ作成
・ショッピングモールにログインしている時間に応じてポイント付与。
・ショッピングモール内ではポイントを使って商品を購入。ポイントはリアルマネーで購入可能
・キャラ用アイテムは、ツールを使って個人で作成可能。
 売り上げポイントの何割かをリアルマネーで受け取れる。
・VRライブ(有料の場合はポイントを使用)や、VRシアター等イベントスペース
・ポイントを獲得できるミニゲーム等


少し話変わりますが、PSO2が基本無料でここまで続いていますが、
課金要素のメインは、アバターアイテムの販売ですし、それだけで6年持っている事を考えれば
こういう仕組みもありなんじゃないかな~と思います。


サマー・ウォーズのOZのような世界が来るのも、ほんとすぐそこまで来てそうですね(ノω`)





先週末は真夏のバイクの祭典、鈴鹿8耐が行われましたね!
数日前から発生していた台風12号が、まるで8耐見に来るみたいに進路を急激に変え、
三重に上陸しましたが、夜中の内に去ってくれてホント助かりましたね~(ノω`)

ただレースは、スタート前に雨が降ったり、その後もまた雨が降ったりと、
コンディションが目まぐるしく変わる難しい状況でしたが、最終的にはYAMAHAファクトリーが
8耐4連覇を達成しましたね(ノω`)SBK絶対王者ジョナサン・レイ選手を連れてきたKawasakiは、
序盤から速さを見せ、25年振りの優勝来るかと思われましたが、途中ガス欠や、
SCラン中にジョナサン・レイ選手がまさかの転倒で沈んでしまいましたね(~_~;)
ドライのままだったら、今年はKawasaki来てたかもしれませんし、来年に期待ですね(ノω`)

我らがHONDAは最初スタート決めて飛び出して行ったものの、それ以降は見せ場なかったですかね。
燃費の良さを活かした亀の子作戦も、天候の変化に翻弄された感じでした。
あとは、準備段階でのゴタゴタした感じがあったので、こちらも来年ですかね。
ベースマシンも古くなって来てるし、SBKでも戦闘力が一向に上がってこない感じなので、
新設計のニューマシン来るのが待ち遠しいですね(~_~;)
明るい話題はF.C.C.TSR HONDAが日本チームとしてEWC初制覇!
頑固一徹そうな藤井監督の、表彰台での笑顔が印象的でしたね(ノω`)

Suzukiはここ数年元気がない印象。ヨシムラも転倒で後退しましたが、
S-PULSE DREAM RACINGが4位に入賞でしたね~。


さてさて。
オルタンシア・サーガでは7月いっぱいを使っての進撃コラボ第二弾が行われましたが、
コラボ最後のイベント、マゴニア形式の続・オルタンシア攻防戦獣の巨人来襲が27日に終了。
目標としては、URエルヴィン完凸3体目指していましたが、見事目標は達成できました( ´∀` )
ついでにURアルミンも5枚Getし、EXの素材にするか強化して従者用に置いておくかで迷いましたが、
進撃ユニットの強化ボーナスもあったし、EX素材はまだストック多めだったので強化しました。

今回は新規のコラボキャラが石使ったガチャのみで天井もなく、手持ちの石も多くなかったので
実質URエルヴィンだけしか手に入りませんでしたね。ちょっとコラボにしては渋い状況で、
前回と比べると盛り上がりに欠ける感じでしたね。

進撃のコラボも先日終了し、本日からは久し振りの本編更新、3日からポーカーイベントですね!
今回ポーカーでURになりそうなのは・・出てきた面子的に、ブーメランアルノーですかね・・
それとも新キャラが登場するのか・・たのしみです!

先日、一年半ほど使っていたエレコムのゲームパッド(JC-FU2912FBK)が故障しました(ノω`)
急に左側のアナログレバーの調子が悪くなったと思ったら、レバーを押し込んでもボタンが反応せず、
分解して見てみたら、押し込んだ時にボタンを押す小さな突起部分が折れてしまってました(;´・ω・)
ボタンが1つ使えなくなっただけだったので、キー配置を変えてだましだまし使ってましたが、
流石に不便だったので、新しいコントローラー導入を決定。
謳い文句通り耐久性も高くて、しかも圧倒的に安いと結構気に入ってたんですけどね(´-ω-`)
結構中身詰まってて、落とした時に調子悪くなってたんで衝撃に弱い気がしますけども。

そんなこんなで、どうせ新しいのを買うならと、マンネリ化していたPSO2のテコ入れがてら、
パッドも前面6ボタンのものに変えて、今更ながら3ボタンでプレイしてみようかなと。

前々から前面6ボタンのパッドを探してはいたんですけど、あんまり種類がないんですよね(~_~;)
なので、割と今のパッドと違和感無さそうな、サンワダイレクトの400-JYP62USを購入しました。



●それぞれのコントローラーの使用感

早速届いたので、今まで使っていたエレコムのパッドと並べてみましたが、大きさ的にはほぼ変わらずですね。
グリップの形状が大きな違いで、サンワダイレクトの四角いグリップってどうなのかなと思ってたんですが、
実際使って見ると、それ程持ちにくさは感じませんでした。

手の大きさとか、持ち方の癖にもよると思うんですけど、L2R2ボタンを、中指、人差し指で押す場合、
サンワダイレクトの角ばってる方が、コントローラーを側面から挟み込んでホールドしやすいので
そういう持ち方をする人には悪くないと思います。

アナログレバーの硬さは、一年使いこんだエレコムのものよりサンワダイレクトのは柔らかく、
押し込んだ時のストロークが短くて、ボタンを押したかどうかが若干解り辛い感じです。

L2、R2ボタンは、エレコムのがトリガータイプですが、サンワダイレクトのはボタンタイプ。
サンワダイレクトのものは、ストロークが短いですが、若干引っかかるので手動連射には向かないかも。

ボタンの反発に関しては、双方ともそれ程変わらず。どちらも300万回高耐久を謳ってるので、
同じメーカーのものなのかもしれません。
サンワダイレクトのは、前面6ボタンの上にアナログモードの切り替えボタンがあり、
間違えて押してしまいそうですが、手が小さいという事もあってか、まだ1回しかないですね。




●PSO2での3ボタン化使用感。

サンワダイレクトの400-JYP62USの前面6ボタンパッドに変更し、早速PSO2をプレイしましたが、
キーコンフィグが全て崩れてるので、まずコンフィングからの調整が必要となります。
自分の場合は下記の様に設定しました。



ボタン1アクション1
ボタン2ジャンプ
ボタン3アクセス
ボタン4アクション2
ボタン5アクション3
ボタン6サブパレット実行
ボタン7ロックオン送り
ボタン8裏パレット切り替え
ボタン9武器アクション
ボタン10回避アクション
ボタン11ロックオン
ボタン12肩越し視点切り替え
ボタン13クイックメニュー表示/非表示
ボタン14全体マップ表示/非表示
ボタン15メインメニュー表示/非表示
ボタン16使用せず

2ボタンからの大きな変更は、前面6ボタン化で新設された2つのボタンに、
サブパレット実行とアクセスを移動した所ですね。
サブパレット実行を移した事で、サブパレ実行時の左手の窮屈さはなくなりました。

またアクションキーの設定ですが、3ボタン化で全武器が表裏パレット切り替え式になったので、
裏パレット切り替え方法を、ワンプッシュからホールドに変更。
攻撃ボタンは1,4,5を使用し、表パレットのアクション2を通常攻撃に設定しましたが、
AISやダークブラスト時は通常攻撃がアクション1に設定されてるので、ちょっと混乱しますね。
通常攻撃の位置は、1が良いか4が良いか、正直まだ決めかねてる感じです。

3ボタン化で不便だと思うのが、AISやダークブラスト、ラコにアンソードや、ライドロイド、
エステでのボタン配置も変わってしまい、今まで通りの操作ができないのが厳しいですね(~_~;)
こちらも慣れるまで時間が掛かりそうです。



●2ボタン、3ボタンのメリットデメリット


○2ボタンのメリット、デメリット

◎メリット
・PS4や市販のゲームパッドの多くが12ボタンなので、パッドを変えても操作感が変わらない。
・12ボタンパッドでのキー配列が綺麗に収まる。
・攻撃ボタン、PAボタンが1つづつなので押し間違いが起こり辛い。
・ボタンが少ない分、アクションが苦手な人でもプレイしやすい。
(PS4版はデフォルトで3ボタン化されてますが、操作しにくい場合2ボタンにするのもアリ)

◎デメリット
・1武器に対して付けられるアクション数が少ないので、クラスによっては武器パレットが足りない。
・打撃系はPAボタンを押すごとにPAが変わるので、同じPAを連打したい場合は、
そのPA用に武器パレットを一枠使ってしまう。



○3ボタンのメリット、デメリット

◎メリット
・1武器に対して付けられるアクション数が多いので、武器パレットに余裕ができる。
・アクション数増加で、1武器で使えるPAが増え、1武器でカバーできる範囲が広がる。
・打撃系のPAコンボが、2ボタンに比べて自由度が高くなる。

◎デメリット
・市販されている前面6ボタンのパッドそのものが少なく、選択肢がかなり限られる。
・12パッドと操作感ががらっと変わるので、慣れるのに時間が掛かる。
・AIS等、限られた場所でしか使用できない装備の操作感もガラッとかわり、コンフィグで調整もできない。




今回2ボタンから3ボタンに移行してみて率直に感じたのは、
車で例えるなら、2ボタンはAT、3ボタンはMTって感じですね。
射撃職や法撃職は、パレット切り替え式なのでそれ程違和感ないんですが、
打撃職の操作は2ボタンに比べると、かなり忙しくなりましたね(;´・ω・)
ただ慣れると、PAを好きな順番に繋げられるので、マスターすれば今まで以上に良くなりそうですね!

パッド変えて一週間位経ちましたが、2ボタンの頃の70%位は動けるようになったものの、
まだまだ変なPAでちゃうんで、練習は必要ですね(ノω`)

長い事3ボタン化は渋ってたんですけど、個人的にはあまり操作感が変わるのが好きではなかった事、
前面3ボタンのパッドそのものの種類が少なかった事などありましたが、
それらのメリット、デメリットを考慮した上で判断されると良いかと思います。



プロフィール
HN:鈴音ろん
性別:非公開
趣味:モータースポーツ、バイク、ゲーム
自己紹介:毎週1回以上更新を目標に、
のんびりがんばります(ノ∀`)
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
2 3 4
5 6 7 9 10 11
12 13 14 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[01/11 鈴音ろん]
[01/03 Tit]
[02/22 鈴音ろん]
[02/16 通りすがり]
[01/07 鈴音ろん]
カウンター
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]