忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

以前にもブログに書きましたが、自分はホンダファンで、
自分で買うマシンは、生涯ホンダ以外にありえないと思うくらい愛して止みません(´∀`)

そこまでホンダが好きになった理由は、初めて手に入れた愛車がCR-Xだったのもありますが、
ホンダ車の割り切った車の造りや考え方が、見事に自分の琴線に触れました。

当時のホンダ車は、エンジンはパワフルだけど、ボディが弱いと長所短所がはっきりしていて、
全体的に卒のない造りをするトヨタ車は、優等生すぎて当時からあまり好きではありませんでした。
(トヨタ2000GT、セリカXXは例外でy)

・・・しかし、トヨタとホンダの社風が何時の間にやら入れ替わり、
特に最近のトヨタは、レクサスLF-Aや、Gazoo Racingのマシン等スポーツ色が強まり、
若者の車離れが叫ばれる昨今、これだけ活きのいいマシンを開発する姿勢は、素直に賞賛します。

大してホンダは・・・昔やんちゃしてたのが、急に優等生ぶっても、正直かっこ悪い!
かえって、昔優等生だったのが、ちょっとやんちゃしみよっかなって方が、
所謂チョイ悪オヤジみたいで、ダンディさを漂わせてるじゃないですか!

その元気なトヨタも、アメリカから端を発する、リコール問題で連日叩かれまくり・・・。
個人的には、腑に落ちない問題ですが、(事故を起こした車両のマットが、正しく使用されていたのか謎)
アンチトヨタな自分としても、トヨタには頑張ってもらいたいと思う今日この頃です。

しかし、昔ホンダ車でやんちゃしてた年代は、今それなりの歳になり、余裕も出てきてると思うんですけど、
やはり当時ホンダを選んだ人達って、そういうスポーツカーが好きな人が多いと思うんですよね。
今のホンダの車のラインナップみても、スポーツカーはシビックTypeRのみだし、
そのシビックTypeRも、3ナンバーで2リッター、価格も280万オーバー・・・

はっきりいって、これの何処がシビックやねん!ヽ(`Д´)ノ
市民の、公民の、都市の「あらゆる人々のくるま、世界市民のベーシックカー」という意味で名づけられ、
小排気量でありながら、パワフルな、ZC,B16A、B16Bと、テンロク珠玉の名機を搭載し、
軽量なボディ、軽快なダブルウィッシュボーンの足回りを武器に、ワンダー、グランド、スポーツ、ミラクル、
そしてTypeRとボーイズレーサー路線をひたすらに歩んできたマシンだったのに(つД`)
ミラクルのTypeRも、新車で200万以下と、まさに破格の性能だったのに!。・゚・(ノД`)・゚・。

今月末には、CR-Zが販売されますけども、まだまだ・・・まだまだホンダファンとしては物足りない!!
トヨタが発表したGazoo Racingのマシン、なかでも、FR Hatch Conceptなんて目から鱗;;

ああー!もうじれったい!トヨタがこんな魅力的なマシン作ってるのに、ホンダはなにやってんだ!(つД`)
トヨタはLF-Aなんてマシンを作ったのに、ここはぜひとも、今期SuperGTで参戦するHSV-010を市販化し、
ホンダのフラッグシップスポーツカーはぁぁぁあああ~~~せかいいちぃぃぃいいいい~~!!
と、ホンダファンに、雄たけびをあげさせてくれ~!(´;ω;`)




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
基幹産業を侵食してた反動じゃないかね。
いろいろ棚にあげて叩くのはみんな得意ってことで・・。
よん 2010/03/04(Thu)21:38:25 編集
無題
競争している限り、食い合いだからなー。
隙見せたら、食われるぜって事で。

そもそも草食系な日本人には、肉食系文化は合ってないと思うんだよな~。


個人的に、失敗したら成功してた時に戻して、
もう一度やり直せばいいと思うんだけどねー。
鈴音ろん 2010/03/07(Sun)17:27:12 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

プロフィール
HN:鈴音ろん
性別:非公開
趣味:モータースポーツ、バイク、ゲーム
自己紹介:只今更新休止してます。
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カウンター
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]