忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近、土曜の定例イベントの後、仲間内でスト4のオンライン対戦がブームになってて、
何だかんだでやってたら、気がつくと空が明るくなってました(ノ∀`)

明け方に布団に入り、昼前に目を覚ますと、枕の横に先日ぽちっとした、
SONY ステレオヘッドホン MDR-Z600 が、置いてありました!サンタさんありがとう!(違

d7f2bfe3.jpg早速先日購入したMDR-DS1000に接続。
画像のように耳の所を、折りたたむと、コンパクトに収納できます。

コードは、昔の電話の様な縮れ麺状で、接続する機品と、
それ程離れない環境なら丁度いい長さです。
正直今まで使っていた廉価版のヘッドフォンだと、コードが長すぎて、
よく椅子の足でコードを踏んでしまい、断線してダメにしてきたんで、
適度な距離になって丁度よかったです(ノ∀`)

ヘッドバンドには、厚みのあるスポンジが付けられていて、これがまた着け心地がよく(ノ∀`)
今までのだと、プラスチックのバンドが直で頭の上に載っていたので、正直長い事付けてると、
痛くなってきてたんですけど、今回のは頭に載せている感じがしない位、やさしくフィット(´∀`)

で、肝心の音の方ですが、今まで使っていたビクターのHP-RX300と比べてみ・・・
え~・・・比べるってLVじゃないです、勝負になってません(゜ー゜;)
今まで聞いていた音がどれ位ショボかったか思い知らされました!(;´ρ`)

とにかく音がクリアで、今まで重低音が効いてると思っていたのが、単にくぐもっていただけで、
MDR-Z600で聴くと、そのくぐもっていた音が、はっきりと聞こえてきます。
映像作品のベンチとして機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 1 [Blu-ray] を使ってるんですが、
全域で音質がUPし、細かい効果音(カメラのシャッター音等)も、きっちり聴こえる様になりました!


という事で、今回の音楽環境改善での総括すると、
・MDR-DS1000単体では、その実力が発揮できない。
良いヘッドフォン(出力先)があって初めてMDR-DS1000の実力が発揮できる。

・ソフト側がドルビーデジタル等に設定されているかも重要。
やはりこの辺りも、音の聞こえ方に影響してきてると思います。
スト4がデジタルドルビーに対応しているので、シネマモードで音を鳴らすと、これがまたいい感じ(´∀`)

今回の組み合わせは、自分の様に、音が聞けたらいいやってLVで、
2000円以下の廉価版ヘッドフォンを使ってきている人なら、劇的に良く感じると思います。
PCやゲームを、日常的にヘッドフォンで聴いている人なら、毎日使うものなので、
この投資をする価値は、十分にアリですね!(´∀`)
正直ヘッドフォンで7000円とか高すぎると思ってましたが、大満足ですヽ(´ー`)ノ

・・・ただ、ここまで良くなると、もう廉価版のヘッドフォンの音質では、不満が出てくると思います(;´ρ`)
逆に、ここから更に上を目指すとなると、機品に掛けるお金がいい金額になってきます(゜ー゜;)
オーディオにハマると、お金が掛かるって意味がわかりましたy

映画館並みとは言いませんが、少し音楽環境をレベルアップさせたい人には、
MDR-DS1000とMDR-Z600の組み合わせはオススメですね(´∀`)
1つ注意点は、MDR-DS1000がAACに対応していないので、地デジTV関係は認識しないそうです。
その代わり、Victor SU-DH1 ヘッドホンサラウンドアダプター が、MDR-DS1000と同じ様な機能で
AACにも対応しているので、地デジでも5.1サラウンドを使用したい人や、オマケのヘッドフォンなど
いらん!って人にはいいかもしれません(まぁSU-DH1も、ACアダプタが別売りという問題がありますが)


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ヘッドホンに10k
サウンドボード系に15kくらいかけると劇的に向上するね。
よん 2010/06/11(Fri)21:22:17 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

プロフィール
HN:鈴音ろん
性別:非公開
趣味:モータースポーツ、バイク、ゲーム
自己紹介:只今更新休止してます。
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カウンター
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]