忍者ブログ
先日、噂になっていたマクラーレンとホンダの離別が発表されましたね。
結果が全てのレース界において、この3年の低迷は長すぎたし仕方ないと言えば仕方ない事ですが。
来年マクラーレンは、ホンダからルノーにスイッチし、入れ替わりに今年ルノーから供給を受けていた、
トロロッソにホンダがエンジンを供給する事になりましたが、撤退を選ばず、マクラーレンよりも
規模の劣るトロロッソと組むという所に、「ホンダはF-1を諦めてはいない」という気概を感じます。

正直、マクラーレンとの関係は、以前からあまり気持ちのいいものではなかったですしね。
アイルトン・セナ、アラン・プロストと2人の天才を要し、かつては黄金期を過ごした仲ですが、
あの時は、ドライバー、シャーシ、エンジンと全てが最高の状態でマッチしてましたけど、
今回は、ホンダも久々のF-1復帰でしたし、以前よりも増して複雑怪奇なパワーユニットを
1から作っていくには、それだけ大変だったと思う訳です。

確かにエンジンのパフォーマンスは他に比べ下回っていましたが、
ただ、すべてが本当にパワーユニットの問題だったのかと言われれば、そうとも言えないんですよね。
ホンダはマクラーレンにしかエンジン供給していませんし、「シャーシ固有の問題」があっても解らない。


キーポイントは、レッドブルがルノーと関係をこじらせた時に、
ホンダがエンジンを供給しようかという話が出てましたけど、それを当時マクラーレンのボスであった
ロン・デニスが拒否権を使って許さなかった事。

あそこでレッドブルに供給できていれば、マクラーレンとの比較もできたし、
今以上のデータを手に入れる事ができたと思います。
独占状態でパワーユニットが良くなれば、まさに敵なしだったでしょうけど、
そうはうまく行きませんでしたね~そう思うと、マクラーレンの自業自得な気もするんですけど。

マクラーレンに関しては、ルノーにスイッチして本当に良くなるのかと言うのも疑問。
ルノーの場合、現在のエンジン規定になってから複数チームに供給はしているものの、
性能の向上はそれ程みられないと考えると、今後のルノーの伸び代には懐疑的です。
まして、マクラーレンはカスタマー契約でしょうから、ルノーのパワーユニットが劇的改善しても、
本家とまったく同等のパワーユニットが供給されるとは考えにくいですからね。


今回の騒動、個人的には「上手い落とし所に収まったな」という感じですね~。
マクラーレンで悶々とするより、トロロッソと組んであっと言わせてやろうぜ!
みたいな感じで、ある種スッキリした気もします(ノω`)
トロロッソは小林可夢偉選手がザウバー時代にマシン設計を行って評価の高かった
ジェームス・キーがいますし、シャシーの評価は高いですからね。
これでトロロッソの成績が上がれば、散々ホンダを批判してきた、
マクラーレンのシャシーの出来が悪かったと証明されますからね( ̄ー ̄)

来年ホンダが覚醒して、マクラーレンをぶっちぎってくれれば、
これ程気持ちのいい事はありませんね!来年のF-1が非常に楽しみになってきました(ノω`)


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール
HN:鈴音ろん
性別:非公開
趣味:モータースポーツ、バイク、ゲーム
自己紹介:毎週1回以上更新を目標に、
のんびりがんばります(ノ∀`)
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 7 8 9
10 11 12 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[02/22 鈴音ろん]
[02/16 通りすがり]
[01/07 鈴音ろん]
[01/04 Tit]
[09/20 鈴音ろん]
カウンター
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]