忍者ブログ
備忘録がてらブログに記録。

Windows10 CreatorsUPdateが適応されてから、起動時にAntimalware Service Executableが
ガリガリ動いて、HDD100%状態が20分近く続き、この間PCが激重になる症状が発生してました。
挙動的には、PC起動→WindowsDefenderセキュリティセンターのウィルスと驚異の防止が
サービスを開始できないの表示(コントロールパネル上は問題なし)→
約20分後、WindowsDefenderセキュリティセンターのウィルスと驚異の防止が正常に戻る。
起動時にのみHDD100%の状態が続き、一旦収まると普通に動いてました。
(起動する度にスキャンしてる感じ?)

最初は1日調べたものの解決法が見つからず、諦めて寝たら次の日には治ってたんですが、
先日、Nvidiaのグラボドライバをクリーンストールしたら再発してしまいました。


また色々と調べてみたんですが、「設定」→「更新とセキュリティ」→「トラブルシューティング」で、
色々と試してみたら、WindowsのUPdateが失敗しているのが判明。
何回かトラブルシューティングを試しても、サービスの登録、データベースの破損の項目が回復せず。

そこで、Microsoftのサイトの、WindowsUpdaeトラブルシューティングツールを実行してみると
Antimalware Service Executableの暴走も収まり、正常に戻りました。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール
HN:鈴音ろん
性別:非公開
趣味:モータースポーツ、バイク、ゲーム
自己紹介:只今更新休止してます。
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[01/11 鈴音ろん]
[01/03 Tit]
[02/22 鈴音ろん]
[02/16 通りすがり]
[01/07 鈴音ろん]
カウンター
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]