忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先週末はF-1日本GPと、SuperGTの第7戦タイラウンドが開催されましたが、
F-1の方は前戦で好調だったマクラーレン・ホンダでしたが、第二のホームでまさかの大失速。
そしてメルセデスはコンストラクタータイトルを3年連続日本GP獲得という事でしたが、
新パワーユニットに移行してから55戦47勝…そりゃこんなけ勝ち続けたら見る人居なくなりますね(;´・ω・)
来年から新規則に移行しますが、それでも勝ち数伸ばしたら、F-1そのものが危ない。
この3年はメルセデスの天下でした!で〆て、またイコールコンディションからやり直し!
ってならないと、人気は回復しないんじゃないかなと…

SuperGTの方は、WedsSport ADVAN RC FがGT500参戦6年目にして初優勝でしたね。
しかし、なんでしょうかね。今年は関口雄飛選手の年といっても過言ではない位、
絶好調というかノリにのってる感じがしますね(ノω`)
決勝も、トップで快走中にタイヤバーストに見舞われるも、ピットの手前という運もあり、
タイムロスなくトップを守れましたし、調子のいい時は運も味方してくれてるんだなと(ノω`)

今週末はMotoGPの日本ラウンド、SBKは第12戦へレスが開催と、2輪レースが熱いですね!



さてさて。今週はスマホのお話。
ガラケーに戻してからも愛用していたiPhone4Sですが、さすがに古くなってきたのと、
メインでプレイしている、オルタンシア・サーガがスペック不足でフリーズ多発していて
それでも何とかプレイしてたんですけど、さすがに我慢できなくなって新しいスマホに変えました。

購入条件としては、2万円前後でSIMフリーのものを考えてたんですけど、
FREETELのSAMURAI 雅か、ASUSのZen Fone Goで悩んでたんですが、
基本的スペックの高さと、バッテリーが自分で取り外せて、尚且つバッテリー自体も個別に購入可能、
とどめは、FREETELのオンラインショップで雅が6,000円引きだったので、安さに負けて購入しました(ノω`)
本体購入する際、FREETEL純正 MIYABI用多機能ディスプレイプロテクター(フィルム)と、
ケースは必要だろうという事で、Amazonでshizuka-willの手帳 型 ケース を注文しました。



購入して間もない間は、色々と見えてこない事もあるだろうと、
しばらく使って見てから感想を書こうかなと思い、ちょっとこちらで記事にするのは遅れました(ノω`)

まず、FREETEL 雅本体に関しての感想ですが、
見た目は四角で、個人的にはこういうビシっとしてる方が好きなので良かったですね。
ASUSのZenFoneGoは背面が湾曲してましたが、ケースを使用する事を考えると、
こういう真四角の方がおさまりが良いんで、この点は正解でしたね。
それ以外にはFREETELのロゴがある位で、非常にシンプル。

ただ、質感はチープで、iPhone4sと比べても高級感はないです(´・ω・`)
おもちゃみたいな感じなので、そういう見た目の高級感を求める人にはおすすめできませんね。
あと気になる点は、FREETELのロゴ。正直ロゴのデザイン、FREETELのフォントも、
デザイン的にあまり美しいとは思えないので、これなら社名入れるより、モデル名入れた方が
良かったんじゃないかなと。

どうしても気になる人は、背面カバーだけ購入もできるんで、それを加工するのもありですね。
カメラのレンズ穴部分だけ開ければ、カッティングシートとかで自分好みな感じにカスタマイズするのもありかも。

まぁこのクラスで見た目の高級感を求めてる人はあんまり居ないでしょうし、
今回購入した手帳型のケースであれば、ほぼほぼ隠れちゃうんで問題ないですかね。


機能面については、同値段帯のSIMフリースマホと比べてもスペック的には上で、
搭載メモリとストレージ量、バッテリー交換が自分でできるというのは大きなポイントですね。
出先でバッテリー切れ起こした時に、予備のバッテリー持ってれば、ぱぱっと交換して使えますし
スマホで一番ダメになりそうなのがバッテリーなので、多くの機種が自分で交換不可、
交換するにも割と高額な費用が掛かる事考えれば、他の所が壊れなければ長持ちするかも。

実際の使用感に関しては、iPhone4Sと比較して、若干タップに敏感かなぁという感じ。
ディスプレイはちょっと白味が強いですが、発色はまぁこの値段ならまずまずといった所。
カメラも値段相応な感じですので、本格的なものと比較するのは酷ですね。


あとはWi-Fiに関してですが、これが最初使った時は全然安定しなくて困りました。
自分の部屋が、2階のロフトで、無線LANルーターは1階(BUFFALO WZR-1750HP)なんですが、
iPhone4Sや他の機品では繋がっていて、雅も表示的には電波強度が強~中でアンテナも75%位でしたが、
頻繁に接続が切れたり、保存済みや認証に問題と表示されて繋がらなかったりで、かなりストレスでした。

ただ、繋がってる時は繋がってるので、これは何か設定に問題があるんじゃないかと、
色々と試してみた所、無線LANルーターの11n接続の倍速設定をOFFにしてみたら、
これまで不安定だったのが嘘のように、家中どこでも安定して繋がるようになりました(ノω`)
転送速度は半減してますが、不安定な接続でストレス貯めるより遥かに良いし、
部屋で使えないのはある意味一番問題でしたからね(;´・ω・)まぁスマホで動画見たりとか、
でっかいデータのやりとりするような使い方しなければ、倍速OFFでも実用に問題はないですからね( ´∀` )

頻繁に接続が切れなくなったおかげか、待機状態での消費電力が下がって、
バッテリーの持ちも良くなったような気がします。
ただ日によって使用頻度も変わるので、正確にどの程度とは言えませんが、
取りあえず1日は持ちますし、充電も20%位から2時間程度で満タンになります。


アクセサリーに関してですが、ケースは雅の形状が四角なのでおさまりも良いですね(ノω`)
このケース、リファインされた新型もあるんですが、新型はベルトが別色だったのと、
旧型にはカードホルダー部分に小窓がついていたので、あえて旧型を購入しました。

特にこれといった問題点はないんですが、上部のUSB端子の接続の部分の開口部が狭く、
純正の充電端子がケースと干渉するんですが、この状態でも充電ができるのと、
端子が奥に引っ込んでしまうトラブルもあったそうなので、押し込み過ぎなくて丁度いいかと
気にせずそのまま使用しています。



画面保護フィルムに関してですが、指紋が結構ベタベタとついてしまいますね(;´・ω・)
まぁ自分の指先の脂分が多いのかもしれませんが、思ったほど指紋汚れを防いではくれないので
同梱されていたクロスを忍ばせておくことにしました。手帳型はこういう所も便利ですね(ノω`)


最後に総合的な評価ですが、確かにコストパフォーマンスは良いものの、
スペックには表れない部分で気になる所もありますね。
Wi-Fiの不安定要素もそうですが、普通に買ったままでは満足に使えませんでしたし、
他にもいくつか設定で気になる部分を自分でカスタマイズして使用していますが、
ある程度自分で問題を解決できないと、ドツボはまるかもしれません。
安いからといって、初めてのスマホでこれを選ぶというのは、ちょっとおすすめできないかも。

あとはFREETELというメーカー自体の信用度ですかね~。
まだまだ歴史の浅い会社ですし、これからブランドとして作り上げていく所ではありますが。

そもそもFREETELのスマホは、FREETELで設計して、製造は中国でという事みたいですが、
それ自体、他のメーカーでも似たような事してますし、それ程問題ではないですけど、
ただ、それを「MADE BY JAPAN」と、一見日本製かと誤認されるような言葉で表現するのはどうかと。

100%日本製というなら、確かにアピールポイントにはなると思うんですけど、
この一言で、100%日本製じゃないというのが逆に目立ちゃうんじゃないかなと思います。
MADE INとMADE BYで何が違うのか、気になる人はググって調べちゃいますしね。

ブランドの信用というのは、誠実さと真摯さがあって築かれるものですし、
昨年の事例からも、端末そのものの不透明さというのがどうしても拭えないですからね。
対応は早かったので、まぁこれからに期待というのもありますが。


しかし…FREETELという社名も、もう少しなんか捻れなかったのかと(ノω`)
確かに直球勝負で解りやすいですけど、無料って言葉にはネガティブな印象もありますし、
個人的には社名より、商品名をもっと前面に押し出した方が良いのではと思いますね。


メリット、デメリットを理解したうえで、問題解決をある程度できる方であれば、
コスパに優れた端末だと思います。さすがに古くなったiPhone4sと比べると、
年月の差を感じますし、ちゃんと動く環境下では、特に問題はありません。
メインの使い道である、オルタンシア・サーガも、PSO2esも問題なくプレイできるようになったので、
個人的には満足しております( ´∀` )
Wi-Fiの問題解決前は、ルーターの前まで行かないと、騎士団戦おちまくるという、
CB役としては致命的な問題もありましたが、解決してからは騎士団戦も落ちる事なく快適です( ・∀・)

購入後、So-netの0Simも契約したので、500MB以下なら外でも4Gで0円運用可能になりました。
そもそもiPhoneからガラケーに戻した理由が、外で使うスマホアプリがGoogleMAPかTwitter位だったので、
0simの月500MB制限でも十分やっていけるという判断。
雅にはデザリング機能もありますし、外でVITAと繋いでPSO2もできる様になりましたが、
肝心のVITAのメモカが容量不足なんでメモカ買ってこないとなんですけどねy



余談

ZenFoneGoの購入を考えていた時に、この秋にZenFone3の国内版が出るという情報があったので、
ちょっと事態をみてたんですが(結果的に我慢できなくて雅買ったんですけどy)
海外の値段から29.800円くらいかと思ったら、1万円増しの39.800円でしたね(;´・ω・)

スペック的には申し分ないのでもう少し安かったら…と思ったら、
今度はFREETELから、「雷神」が発表されて、このクラスの他社を上回るスペックと、
29.800円という値段で驚かされましたね…比較対象にZenFone3もありましたしかなり意識してるかなと。
ただまぁ雅の現状をみるに、スペックと値段だけでは素直に手がでないなとも思うので、
ある程度こなれてきてからでも・・という印象でした。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール
HN:鈴音ろん
性別:非公開
趣味:モータースポーツ、バイク、ゲーム
自己紹介:只今更新休止してます。
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[01/11 鈴音ろん]
[01/03 Tit]
[02/22 鈴音ろん]
[02/16 通りすがり]
[01/07 鈴音ろん]
カウンター
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]